フローリング補修はプロに任せた方が良い

フローリングは、時間の経過とともに傷がついてきます。丁寧に扱っているつもりでも、重たいものを運んだりすると、そこが傷になってしまいます。また、引っ越しや模様替えの時にものを落としても、やはり傷がついてしまい、見た目が悪くなってしまいます。その場合はフローリング補修のプロに任せるのが1番です。

フローリング補修のプロは、小さなキズや大きな傷をどちらでも全く傷がないのと同じように修理をしてくれます。自分でできると考えている人もいますが、実際にフローリング補修のプロと比較すると見劣りがしてしまうのは仕方がないことです。プロは、まず傷がついたところや穴の空いているところをパテで埋めます。その後、その床の色に合わせて色を塗って行きますが、この時には様々な手法で床の色を真似するようにしています。

一般的には、市販で売られているフローリングはそれほど種類が多くありません。色もおおよそ3種類程度しかありませんので、色を似せて傷を目立たなくする事はそれほど難しいことでは無いですが、周りの光沢が違ったり、ざらつきがあったりと問題が出てきてしまうものです。ベテランの人ほど、周りの光沢に合わせて塗料を塗ったりすることもありますが、パテをしっかり磨くことで、そのあとを目立たなくすることが可能性です。ただし、このやり方を素人が真似してもうまくいかない可能性もあります。

一朝一夕にできる技術ではありませんので、自信がない場合はプロにお願いをしましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*