iPhoneXを守ってくれる強化ガラスフィルム

iPhoneX用のグッズには自撮り棒や充電用のケーブル、イヤホンジャックなど色々なものが見られますが、購入直後のスマートフォンに直ぐ使いたいものとしては画面保護シートが一番欲しいという人も多いのではないでしょうか。

どのメーカーから出ているものも特に見た目上は差がないのでどんなものでもいいと安易にとらえてしまいやすいのですが、保護シートの世界も日々進化しています。
中でも特に人気を集めているのが強化ガラスフィルムです。

強化ガラスで作られているフィルムと聞くと、ガラスでできているからiPhoneXを落とした時にフィルムも割れて粉々に砕けて破損してしまうのでないかと思う人もいるかもしれませんが、そのようなことが起こらないように、もし強い衝撃が起こっても粉々になった破片が周囲に飛散することがありません。安全性には問題がないということですね。
通常の保護シートよりも丈夫にできているので、シートの表面に細かい傷がつく可能性もかなり低くなっていますし、油をはじくコーティングもされているのでシートが汚くなることもありません。

さらに、iPhoneXに保護シートを装着する時に必ずと言っていいほど現れる気泡ですが、強化ガラスシートなら気泡自体が出にくくなっていますし、もし気泡が残っていた場合でも一定時間が経過すればほとんどなくなります。

シートを着けるのが苦手な人に対するフォローがしっかりなされている点が嬉しいですね。

iPhoneXはツールを使うよりもゲーム機として考えている方も少なくないようです。



iPhoneXで遊べるゲームは簡単な物から3Dでキャラクターが激しく動くものまで多彩です。

そのため、毎日ゲームをするという方も多いようです。

iPhoneXでゲームをする場合、操作は快適ですが、困った問題として目が疲れるということがあります。

iPhoneXに限らずスマートフォンでゲームをするとテレビゲームと違って目と液晶との距離がとても近いのです。

そのため、見え方によっては目を極端に疲れやすくしてしますようです。

そこでiPhoneXの輝度を調整すれば良いのですが、うまく調整ができない場合も多いようなので保護シートによって見え方を調整することをオススメします。

保護シートには光沢と非光沢タイプがあります。



どちらも液晶画面に直接貼り、汚れからも守ってくれるすぐれものです。光沢はより明るくはっきり見えますし、非光沢は光を若干少なめにしながら文字をくっきりみせてくれる機能があります。

見え方は人によって好き嫌いがあり、また、屋外、屋内で見え方が変わってくるので良く使う場所に合わせて選ぶと良いです。



そして特に機能的に注目したいのがブルーライトです。

液晶製品ならどれからも出ているのですが、ブルーライトは人間の目には悪影響があると言われています。
特に集中して画面をみることが多いなら是非とも追加したい機能であり、他の機能と合わせて作られるので選びやすくなっています。