iPhoneXに関連アクセサリーを装着する

スマートフォンは、電話を掛けたり、電子メールを送受信したり、ブラウザでオンラインサービスを利用するだけでなく、写真や動画の撮影や音楽・動画再生なども行えますので、非常に高度な機能を使えます。

iPhoneXは、世界的に使われているスマートフォンであり、電子マネー決済機能やワンセグ機能などは搭載されていませんが、専用のアプリをインストールしたり、関連アクセサリーを装着する事によって、デフォルトでは搭載されていない機能を自由に追加していく事が出来ます。

iPhoneXの関連アクセサリーは、大手家電量販店やオンラインショップなどで購入する事ができ、数多くのメーカーから色々な種類の商品が販売されています。
iPhoneXを使う際には、関連アクセサリーを活用していけば、搭載されていない機能を実現する事が出来ますので、便利です。

専用ケースを使えば、端末を落下による衝撃から守ったり、バッテリーを追加したり出来ます。

また、電子マネーカード収納用ポケットがあるケースを使えば、ケースを閉じたまま、電子マネーカードを使えるようになりますので便利です。

電車の中などで音楽を聴いたり、動画を見たりする時には、周りに音声が漏れないようにする事が大切であり、音楽向けのイヤホンやヘッドホンの使用は有効です。
ユーザーの好みのヘッドホンやイヤホンを選べば、iPhoneXをオシャレなオーディオプレイヤーとして活用していく事が出来ます。



iPhoneXの液晶はiPhone5から特に大きくなってきたこともあり、液晶保護シートを使いたいという方が増えています。

もともとiPhoneXは液晶にも力を入れているので保護シート無しでも十分使える、汚れも落ちると言われてきていますが、数年使うことを考えると液晶をいつも綺麗にしておくために保護シートを使う方が増えています。

iPhoneXの液晶保護シートの選び方は利用する場面によって違います。


普段、自分だけで使い、多数の人間の中での利用は無いという方なら基本的なPET系のフィルムが最適です。


電車やバスなどでも利用したいという方は覗き見防止機能やミラータイプがオススメです。

これらのフィルムは見る角度によってまったく画面が見えないのが特徴です。



また、爪が長かったり、ポケットの中に鍵などと一緒にいれているという方にはガラス系がオススメです。


ガラス系のフィルムは厚みがありますが、丈夫でひっかいた程度では傷がつかないのが特徴です。

また、ブルーカット機能などPET系では難しい各種機能にも対応しており、多機能なタイプが多いですが、高価になってしまうようです。

保護シートはさまざまなタイプが販売されていますが、気をつけたいのは指の滑りですタッチ操作がしづらいフィルムも存在しており、試せるなら試してから購入するか、滑りやすい対応がされているフィルムを選ぶと良いです。

特にガラス系は滑りが悪い物が多いので注意が必要です。