iPhoneXの液晶用シートを知るための用語

iPhoneXの液晶を傷めないための予防措置として使われる保護シートですが、透明なシールのようなシンプルな見た目に反して便利な加工が複数施されてあります。
それぞれの加工がどのような意味を持っているのかを正確に知ることで自分の大切なiPhoneXにぴったりの保護シートを購入することが出来ます。
どうせなら、たくさん便利な加工が詰め込まれているものの方がお得ですからシートの機能説明を事前にチェックして購入の材料にしましょう。

せっかく保護シートを使って液晶画面を守っても、感度が鈍くなってiPhoneXの操作性が悪くなってしまったらそれはそれで困りものです。

保護シートにマットコート加工が行われていればタッチした時の感度や操作性を損なうことがありません。


ゲームアプリなど、スマートフォンを一日の中で使用する時間が多い人はこのマットコート加工があるものがいいでしょう。スマートフォンが原因の眼の酷使による視力低下や眼精疲労が気になる人の場合は、ブルーライトカット加工がしてあるものやアンチグレア加工があるものが適しています。
ブルーライトカットは、液晶画面から出ている眼精疲労や網膜への負担の原因として注目されているブルーライトが網膜に届く割合を大幅にカットしてくれるので、ここ最近人気が上昇している機能です。

アンチグレアは映り込みをカットしてくれるので疲れにくいですし、眼に優しいものになっています。他にも色々な加工があるので調べてみるといいでしょう。


iPhoneXの液晶に保護シートを貼る際、問題となるのがズレと気泡です。

液晶保護シートの多くはガイドテープがないので自分で保護シートを調整する必要があります。



しかし、緊張してうまく貼れない、風が拭いてずれた、手元が狂ったなどでうまくいかないことも多いです。
しかも、貼り直しができる保護シートばかりでないことも問題です。一般的にフィルム系は貼り直しが聞かず、ガラス系は1,2度なら問題ないことが多いですが、ホコリが入ってしまったりとなかなかきちんと貼るのは難しいものです。iPhoneXの液晶保護シートは他のスマートフォンとほぼ同様ですが、液晶以外の表面全体を保護するシートが多いのが特徴です。



貼る面積が増えれば難しさも増えていきます。

iPhoneXの液晶保護シートを綺麗に貼るコツは2つあると言われています。


1つは保護シートを保護するシートにマジックペンなどで印をつけてずれないようにする、もう1つは汚れを徹底的に取り除くことです。

印については左右上下につけておけば貼りやすくなります。

保護シートの保護用フィルムはガラス系でも用意されていることが多いのですが、一部商品には無いこともあるので本番で使う保護シートに書き込まないように注意が必要です。
また汚れについては付属のクロスでしっかり汚れを取り除く以外にホコリがある場合にはセロテープなどで取り除くことが必要です。



小さなホコリでも気泡の原因になりますので必ず取り除くことが必要です。