フロアコーティングで床を守る

室内でペットを飼っているとツメで床にキズがついたりしますし、水や湿気で汚れたりもしますので、フロアコーティングをしておくと安心です。これによってまず違うことは、ワックスかけが要らなくなることです。お掃除が楽になりますし、すべりにくくなるため子供やお年寄りが転ぶ心配も減ります。フロアコーティングにはいくつも種類があります。

以前から行われているものにウレタンコーティングがあり、水性と油性があります。1日の乾燥で済みますが、水性ウレタンでの作業は難しいと言われています。シリコンコーティングは簡単にできる上に光沢が鮮やかで、以前から広く行われてきました。最近できた新しいコーティング技術と比べると耐久期間が短めなので、これよりも新工法の方を採ることが多くなってきています。

ガラスコーティングと呼ばれているものも最近出てきています。ケイ素由来のものをこう表現しているのですが、これは硬度もあり、有望な方法ですが、塩素系の洗剤が苦手なので台所など以外で活躍することになります。そして今多くなっているのがUVコーティングです。UVというのが名前についているのは、紫外線を当てることであっという間に硬化して完成するからで、美しさ、透明さ、強さなど大変効果の高いものです。

現在は高額と言われていますが、さらに普及することで落ち着いてくるでしょう。このようにコーティング方法にはいろいろありますが、それぞれ専門に施工を行っている業者に分かれるので、これがよいというものを見つけて業者を選んでいくといいです。実際にどういう商品なのか実物をショールームに用意しているところもあるので、フロアコーティングの種類を選ぶ場合に参考にするとよいでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*