自分にご褒美!据え置き型浄水器
2020年8月9日

浄水器の選び方はどうするか

健康についての関心が高まっており、浄水器の購入を検討している人も多くなっているようですが、どのような基準で選べばよいかというのはなかなかわかりづらいところではあります。

現在は様々なタイプの浄水器が存在しており、とりあえず使っているという方も多いのではないでしょうか。どのような選び方をすれば一番適しているのかを考える必要があります。主な判断基準としては「金額」「水質」「大きさ」が挙げられます。浄水器は「比較的小さいもので水道水から成分を除去」するものと、「比較的大きいもので水道水の成分にさらに付加」するものに分かれます。

「小さくて成分を除去」するタイプの場合、蛇口の先端に取り付けができるコンパクトなタイプが多く、カートリッジの定期的な交換で浄水能力を維持する方法になります。手軽に利用できる分、あくまで除去するタイプなので、元の水道水とそれほど成分としては変わりません。一方「大きくて成分をさらに付加」するタイプだと、前者に比べ浄水能力そのものが高いので金額も高くなる傾向があります。また、機械本体も大きさがあるため、取付する蛇口周辺にスペースが必要になる場合もあります。

浄水能力に関しては、電気分解等で水道水を酸性・アルカリ性に分解し用途に応じた使用ができ、商品によっては健康維持に効果が期待できる商品も販売されています。また、機械本体に説明のボタンなどがあり、使い勝手や利用状況などがわかりやすいという利点もあります。浄水器の選び方としては、そもそもの機能の違いを理解し、使いたい水量や状況、コストパフォーマンスを考えたうえで洗濯しなければなりません。機能重視であるのか、金額重視であるのか、そもそも浄水された水の性質について利用する人自身がどこまで求めているのかをまず決めることが、正しい選び方と言えるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *