iPhoneXが快適に使えるシートの加工の種類

画面保護フィルムはiPhoneXの画面にシールのように貼り付けるだけで即時に効果を発揮するので、その簡単さや機能の便利さでiPhoneX専用のグッズの中でも常に安定した人気と売り上げを保っています。

スマートフォン用のグッズを扱っているお店や、携帯電話のお店のグッズコーナーでも必ず売られているのでiPhoneXと同時に購入しておくと手間が省けます。


iPhoneX用画面保護フィルムはユーザーがスマートフォンを快適に使えるように様々な加工処理がなされています。


汚れや破損から物理的に守ってくれるだけでも充分その役割を果たしているのに、これ以外にも機能を追加させることでますます快適に使えるようになっているのです。
フィルムを付けなくては困るというわけではありませんが、あるのとないのでは全く違うのも事実です。

スマートフォンの使用と眼精疲労の関係が気になる人や、子供の眼を守りたい人はブルーライトカットやアンチグレア加工がしてあるものを条件に選ぶといいですし、恋人や友人たちとのやり取りを他人に覗かれたくない、自分のプライバシーはしっかり守っていたいという人は、360℃のぞき見予防が可能なブラインド加工がしてあるものがいいですね。
画面保護フィルムを使うことで画面にタッチした時の操作性に影響が出てしまい、使いにくくなったりゲームがしにくくなるのを避けたい人はスムースコート加工がしてあるものなら操作性が落ちません。
iPhoneXへ液晶保護シートを貼る際にはいくつか注意したいポイントがあります。


1つは素材を見極めることです。
iPhoneXの液晶保護シートには大きく分けて2つの素材が使われています。

1つは安価で柔らかい素材のPET。



もう一つは固く、高価なガラス系です。

どちらも液晶を保護するには十分な力を持っていますが、貼る作業と考えると全く違うアプローチが必要となります。

貼る際には事前準備としてiPhoneXの液晶を綺麗にする必要がありますが、たいていは専用のクリーニングクロスが付属していることが多いです。ただし、クロスを使っても油系は落ちますが、小さなゴミは残ることがあるので拭きとるだけではなく、気泡の原因となるゴミや糸くずにも細心の注意が必要です。

液晶を綺麗にしたら貼り付けになりますが、ガラス系の場合は素材がとても硬く、厚みがあるのでゴミが付くことを注意していれば失敗はほぼありません。


問題なのはPET系の素材です。

柔らかく、また、薄いこともあり、気泡が入ってしまうことがとても多いです。

気泡はゴミだけではなく、フィルムの歪みなどでも発生してしまいますので注意が必要です。


もし、気泡が入ってしまった場合には針で指して消す方もいますが、これは絶対に避けたいところです。

貼り直しできるタイプなら貼り直す、ダメな場合には付属のハケで丁寧に気泡をずらして外に出すことが大事です。

また、フィルムを貼る際はホコリが舞わない部屋で行うことも重要ですiPhoneX用の液晶保護シートは機能別、価格別に分けても無数に商品があります。

多くは汚れが付きにくいとか反射しづらいなどの基本機能を歌った商品が多いですが、最近注目冴えているのが追加機能です。

9/12に発表されたiPhoneXについて調べませんか。

iPhoneXの液晶に使われているガラスも汚れが付きづらく、傷が付きにくい強化ガラスです。
そのため、保護シート不要論もよく聞かれます。

しかし、iPhoneXを始めスマートフォンは肌身離さずいつも持ち歩くものです。汚れが付きにくい、傷が付きにくい以外にも欲しい機能が沢山あると言われており、保護シートを選ぶ基準にもなります。

追加機能で一番注目されているのがブルーライトカットです。

ブルーライトはiPhoneXだけではなく、あらゆる液晶製品から出ている光線であり、目によくない、疲れやすくなると言われています。
特にiPhoneXは長時間利用することが多いのでブルーライト対策は必須と考える方も多いようです。次に注目されているのが抗菌です。

スマートフォンは肌身離さずに持ち歩くためにさまざまな菌が付着しやすいです。

特に液晶画面は指でタッチすることから菌が付着しやすくなっています。

そこで抗菌機能を持つ保護シートを利用して菌の繁殖を防ごうと考える方が多いようです。ただし、抗菌とは菌を殺すことはないので注意が必要です。

この他あったほうがよいと考える方が多いのが耐衝撃性能です。



耐衝撃性能はすべての衝撃に対応するわけではありませんが、落下時に衝撃をかなり軽減するので液晶保護に特に重要ですiPhoneXは輝度が高い液晶を使っており、人によってはきれいすぎて目が疲れるという方も少なくないようです。

そのような方の多くはiPhoneXの設定で輝度を下げたりするのですが、なかなか見えやすいところを調整することは難しいようです。
そこでオススメなのが、反射防止、もしくは非光沢タイプの保護フィルムです。保護フィルムには光沢タイプもありますが、iPhoneXが明るすぎて疲れるという方には非光沢、もしくは反射防止タイプがくっきり見えるのでオススメです。


非光沢タイプのフィルムは多くが太陽光や部屋の明かりの映り込みを防いでくれます。

目が疲れる原因としては映像や画像がはっきり見えないこともあります。

そのため、フィルムで無断な明るさをカットしてあげれば目は相対的に疲れにくくなります。また、反射防止タイプでも同様の機能がありますが、さらに見る角度によってミラー化するフィルムが人気です。

電車やバスなどでスマートフォンを利用する機会は増えていますが、見る気がなくても見えてしまうのが隣の人が使っているスマートフォンの画面です。

iPhoneXは輝度が高いこともあり、さらに見えてしまうようです。

そこでミラータイプのフィルムを使えば横から見ている人にはミラー化してそこに映る自分の顔が見えることになります。

スマートフォンの画面はブロックするのがとても難しいものなので保護フィルムを使って脇から除かれることを防ぎたいものです。